忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/09/25 07:10 |
危。
テレビで全国各地、外国でオタク芸などを踊り盛り上がる現地の集団の放送をしていました。
・・・日本の文化として広がる部分、大丈夫だろうか・・・とか。(--;

さて。今回は少し、某カロイドと遊んでみました。
ちらほらと、各所で聞き及ぶにそれなりに覚悟が必要かと、ホイホイと迎えられるものでもないので構えていたんですが。
アンイストール危機とは、それはどうやらDTM全体、作曲作業を含めて訪れるものの様子です。
ボーカロイド単品では、そこまでおそろしいものでは無い様だ、というのが自分としての感想でした。
話しに聞いたとおり、日本人向けとして不親切は不親切ではありますが・・。
因みにKAITOです。
・・・当初、鏡音兄弟の予定だったのですが、何をどう間違えたか、気が付けば兄さんが居り(--

それにしてもお兄さん、間抜けた声ですね。
いえいえ、勿論褒め言葉です。
真紅の時にも書いたんですが、ちまりちまりと、所謂調教をしながら何度もこの声を聞いていると何となく・・・
何度違うと教えれば気が済むか。
ほえほえと聞こえて仕方の無い声。
調教と言うのなら調教らしく、直に叩き込めたらどんなにか。
無駄な所で気が長い様に見られるんですが、十分に短気な性格としては、マウスもキーボードも身代わりにせず座っていられるのは偏に、過去フラッシュに自分自身が調教された成果なのではなかろうかと思います。
フラッシュアニメーションの地道過ぎた素材準備に同期作業。
比べれば圧倒的にKAITOの方がいい子です。

と、それもまた一つ感想として、明らかな素人なりにとりあえずは何かしらと作成してみました。
才が無いのでそもそもがアカペラ童謡のお兄さん、下手なおしゃべり専な、ネタで入手したのかと言われそうなしかし、それを承知でそれで十分との判断だったんですが。
ひとまずはあまりやるつもりの無かった種類のボーカルを、やっぱり折角なんで。

入手その日に弄って何とか、この程度は出来るらしいです。
全くの初心者でもひとまず歌ってると認識出来るというのは、やはりこのソフトの凄さだと思います。
キャンセラーの限界かゴンが僅かながらも確かに残ってしまいましたが。。
そのせいでまるでKAITOの声が酷くテンポズレに聞こえるのが悲しいかな。
言い訳ですが、合っていないのは残骸ゴンの方です。
エフェクタなどごちゃごちゃ弄っていたら何とも耳に悪い響きになっている様な気がしたりで、曲には残れどKAITOの方は結局これに落ち着き・・。

課題は山盛りなのでしょうが、特にシゴク気の無いマスター。
気楽にほえほえで 、別にいいです(笑

ただ何方か・・・・
ゆれて神田川の方されませんか・・?
人数が居れば迷わずそっちだったんですが・・。

歌姫化の危機か・・・・
PR

2008/01/24 22:39 | Comments(0) | TrackBack(0) | ボカロ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<日英語。 | HOME | 寒。>>
忍者ブログ[PR]