忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/25 14:35 |
日英語。
インターネットは、多くが溢れ大変楽しくありながら、とても寂しい所だと思います。


どうも切手カテゴリの追い上げが凄まじく、抜かれるかとばかり近頃雑記の方を何とか増やしてますが・・・。
特に主だったものを持っている場所でも無いんで、抜かれるも何もこの際切手をメインに据えればいいのではと思わなくも無いながら・・・どうも、メインに出来る程の記事は書けそうもない・・・。。

さてさて。
今回も前回に引き続き、話題はKAITOです。
前回書き損ねたんですが、ボーカロイド日本語エンジンでの英語について。。
LEON等は英語ボーカルであり、当然日本語を歌う様には出来ていないわけです。
・・・・某所では、日本語ばかり歌わされているものと思われるLEONも居ますが・・・。
それはまずはいいとして、基本、英語の歌に日本語が混入している事はそうある事じゃ無く、あまり問題はないと思われます。
けれども日本の歌たるや、混入物が別段珍しくも無い・・。
皆、ボーカロイドで英語歌詞が出た場合どうしているのだろう?というのが、
あの歌をカバーしていて思った事です。
英語に切り替えたり、とは出来ないですよね・・?
歌詞の英語打ちは理解してくれませんし、読みを弄って何とか近付けようにも、何度も読まずにすっとばして誤魔化そうとされるしで、中々難しいかと・・。
仕方がないので日本語での英語記述にしたものの、聴けば英語を話せない誰よりも、いっそ見事なジャパニーズイングリッシュ。
流石にこれは無いと思いつつ、KAITOだからいいかという凄い理由で素通るには・・・やはりいきませんでした(-_-
特に耳につくはヒストリーのスの部分で、ここをあまりに堂々発音するもので芋過ぎていけません。
その手前のMake ourも思い切りメイカーですし、英語のこの引く発音というものをどう言わせたものか。
他に方法が全く分からないので、結局ダイナミクスの力ずくで堂々されてまずい箇所だけをせめて抑え込む程度にしか出来ませんでした。
またその際スの発音よりも、シの発音で抑え込む方が気のせいかその時は近く思え、空耳ではなくヒストリーはヒシトリーと元からそうなっています。
これでも何も触らないよりは遥かにマシにはなったと思うんですが・・・。どんなもんなんでしょう。
ボーカロイドによる英語歌詞をあまり聴いた事がないので、出来る出来ないがよく分かりません。。
PR

2008/01/26 14:38 | Comments(0) | TrackBack(0) | ボカロ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<・・・。 | HOME | 危。>>
忍者ブログ[PR]